概要

  • 統合環境内の文字サイズボタン「大」「小」が押された際に,ツール内の文字(表示)サイズが変更されるようにします.

Ver3.50からの実装方法

  • MiningModuleクラス,VisualizationModuleクラスに用意されている,getFontSize()メソッドを利用します.
  • 次のいずれかを可視化ツール内で実装します.
    • getFontSize() を利用して,可視化ツール内に表示を行う記述を書く.
    • 可視化ツールのスーパークラスで用意されているメソッド void setFont(void) をオーバーライドして,そのメソッド内で,getFontSize() を利用して,間接的に可視化ツールの表示を行える記述を書く.
      • setFontメソッドは,可視化ツールが初期化されるとき,またはフォーカス連動実行時に呼び出されます.
           例)     void setFont() 
               { 
                myFontSize = getFontSize(); 
               }

Ver3.01までの実装方法

  • TextData 型のインスタンス text と int 型 の メンバー変数 text.fontSize を利用します.
  • 次のいずれかを可視化ツール内で実装します.
    • text.fontSize を直接利用して,可視化ツール内に表示を行う記述を書く.
      • ボタンが押されたときに随時変更が反映されます.
    • 可視化ツールのスーパークラスで用意されているメソッド void setFont(void) をオーバーライドして,そのメソッド内で, text.fontSize を利用して,間接的に可視化ツールの表示を行える記述を書く.
      • setFontメソッドは,可視化ツールが初期化されるとき,またはフォーカス連動実行時に呼び出されます.
           例)     void setFont() 
               { 
                myFontSize = text.fontSize; 
               }

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-21 (水) 12:41:20 (635d)