パネルへのツールのセット

  • 統合環境では,単数または複数のパネル(最大10個)に,ツールをセットして使用します
    • パネル下部のボタン,または「パネル削除」ボタンを押すとパネルの増減が行えます
  • 各パネルに,テキストに処理を行う処理ツールと,処理結果を表示する可視化ツールのペアをセットして使用します.
  • パネルへのツールのセットには,各パネル上部のプルダウンメニュー,または「パネルセット」「セット戻す」ボタンを利用します

統合環境内のボタン/メニュー操作

ボタン名称処理内容
黄色ボタン
「再読み込み+再実行」入力ファイルを再度読み込み,出力表示を初期化/更新します
「フォント小さく」「フォント大きく」すべての出力のフォントの大きさを変更します(対応ツールのみ)
「パネル追加」「パネル削除」パネルの数を追加/削除(右端のパネルが削除される)します
「終了」統合環境を終了します
「フォルダ読込」フォルダ内のファイルを結合したテキストを入力として読み込みます
「テキスト読込」入力テキストを読み込みます
「追加テキスト読込」右端に新たなパネルを生成して入力テキストを読み込みます(動作は保証しません)
「パネル組合せ保存」押した瞬間のパネル構成(パネル数と選択しているツール)を保存します
「環境設定」統合環境の設定を行うパネルを呼び出します
プルダウンメニュー1(パネル上部,上側)
処理ツール選択メニューパネル内で利用する処理ツールを選択します
プルダウンメニュー2(パネル上部,下側)
可視化ツール選択メニューパネル内で利用する可視化ツールを選択します
各パネル内ボタン
「パネル削除」パネルを削除します
「パネルセット」処理ツールの作成者が想定する,同時の使うことが望ましいツールを自動的にセットします
「セット戻る」「パネルセット」ボタンを押す前のツールの組合せに戻します
「パネルキープ」「パネルセット」ボタンを押した際に,決して欲しくないパネルに設定します
「画像保存」そのパネルの可視化インタフェースの表示を,画像ファイル(png形式)として保存します
「セグメント絞り込み」入力テキストの一部のセグメントのみに対して処理を行った結果を表示します
「文絞り込み」入力テキストの一部の文のみに対して処理を行った結果を表示します
その他各ツールの開発者が用意したボタンです.ツールの使い方をご確認ください

対応していない「処理ツール」と「可視化ツール」のペアを選んだ場合などで,可視化ツール側でデータの受け取りと初期化に失敗すると,適切な表示がなされず,そのパネルが使用不能になることがあります


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-01 (火) 14:43:51 (2705d)