チュートリアルで試せる内容

1)作成する処理モジュールの仕様を決めます

  • [モジュール名] AllKeywords(全キーワード)
  • [入力] なし
  • [処理] すべてのキーワードをマトリクス(格子状のセル内)に表示
  • [出力] すべてのキーワードを一覧で表示

2)SampleDisplay2.java を利用して,モジュール作成の準備をします

  • tetdmのフォルダ内の,moduleフォルダ内のVisualizationModuleフォルダ内にある,SampleDisplay2フォルダを,フォルダごとコピーします
  • コピーしてできたフォルダの名前を,作成するモジュール名「AllKeywords」に変更します
  • コピーして作成したフォルダ内のファイル名を変更します
    • SampleDisplay2.java -> AllKeywords.java
    • SampleDisplay2.txt -> AllKeywords.txt (テキストファイルの中身も「全キーワード」に変更します)
    • 必要に応じて,モジュール完成後にREADME.txtを修正します

3)AllKeywords.java を編集し,プログラム作成の準備をします

  • プログラム中の SampleDisplay2 と書かれている箇所をすべて BarGraph に変更します(コメント内を含め4カ所)
    • // AllKeywords.java Version 0.30
    • package module.VisualizationModules.AllKeywords;
    • public class AllKeywords extends VisualizationModule
    • public AllKeywords()

コンストラクタの記述の修正

  • モジュールのIDを決め,コンストラクタ内のメソッド setModuleID の引数として与えます(今回は9978とします)
	public AllKeywords()
	{
		setModuleID(9978);	// Set your module ID after you have got it	
	}

4)一度コンパイルして,AllKeywordsモジュールの動作を確認します

  • make または ant コマンドでコンパイルします
  • コンパイル後TETDMプログラムを起動して,いずれかのテキストを読み込みます
  • 「環境設定」で,処理ツール「マイニングなし」のチェックボックスをチェックして,つづけて右の可視化ツールの「全キーワード」のチェックボックスをチェックして,再び「環境設定」ボタンを押して戻ります.
  • パネル上部のモジュール選択メニューで処理モジュールに「マイニングなし」を選び,つづけて「全キーワード」を可視化モジュールに選んで下さい.
  • 楕円とテキストの一文目が表示されるのを確認して下さい (SampleDisplay2.java の処理)
  • 以下,5),6),7),8),9)のそれぞれの修正を終えた段階で,コンパイルして,動作を確認します
    • 7),8),9)の動作確認の方法は,10)を参照して下さい

5)キーワードの一覧を表示するプログラムを作成します

  • 一つのセルの最小サイズを100x20として,パネルの表示領域を分割します.
  • パネルのサイズは,paintComponent() メソッド内の,getPanelSize() メソッドの呼び出しにより,変数 sizeX, sizeY に格納されます.

セルのサイズに関する変数を,グローバル領域で宣言します

	int xNumber;(横のセルの数)
	int yNumber;(縦のセルの数)
	int cellX;(横のセルのサイズ)
	int cellY;(縦のセルのサイズ)

drawData() 内でセルの表示,およびキーワードを表示する処理を記述します

	public void drawData(Graphics2D g2)
	{
		xNumber = sizeX/100;
		yNumber = sizeY/20;
		
		cellX = sizeX/xNumber;
		cellY = sizeY/yNumber;
		
		g2.setColor(Color.white);		
		
		for(int i=0;i<xNumber;i++)
			g2.drawLine(cellX*i,0,cellX*i,sizeY);
		
		for(int i=0;i<yNumber;i++)
			g2.drawLine(0,cellY*i,sizeX,cellY*i);
		
		g2.setFont(new Font("Dialog", Font.BOLD, 20));
		for(int i=0;i<yNumber;i++)
			for(int j=0;j<xNumber;j++)
			{
				if(i*xNumber+j == text.keywordNumber)
					return;
				
				g2.drawString(text.keyword[i*xNumber+j].word, j*cellX, (i+1)*cellY);
			}
	}

6)マウスで触っているキーワードをハイライトする処理を追加します

クラスの定義を修正します

	public class AllKeywords extends VisualizationModule implements MouseMotionListener

マウスの座標,触っているキーワードに関する変数を,グローバル領域で宣言します

	int mousex;
	int mousey;
	int lastTouchedKeywordNumber;
	int touchedKeywordNumber;

初期化用のメソッドを用いて,マウスモーションリスナーを追加、変数を初期化します

	public void initializePanel()
	{
		addMouseMotionListener(this);	//MouseMotionListener	
	}
	public void initializeData()
	{
		lastTouchedKeywordNumber = -1;
		touchedKeywordNumber = -1;
	}

マウスモーションリスナー用のメソッドをオーバーライドして,マウスで触ったキーワードを特定します

	//MouseMotionListener
	public void mouseDragged(MouseEvent me){}	
	public void mouseMoved(MouseEvent me)
	{
		mouseX = me.getX();
		mouseY = me.getY();
	
		touchedKeywordNumber = (mouseX/cellX) + (mouseY/cellY) * xNumber;
	
		if(touchedKeywordNumber != lastTouchedKeywordNumber)
		{
			lastTouchedKeywordNumber = touchedKeywordNumber;
			repaint();
		}
	}

マウスで触ったキーワードをハイライトする処理を追加します

	public void drawTouched(Graphics2D g2)
	{
		if(touchedKeywordNumber >= 0 && touchedKeywordNumber < text.keywordNumber)
		{
			g2.setColor(Color.yellow);
			g2.drawString(text.keyword[touchedKeywordNumber].word, 
					(touchedKeywordNumber%xNumber)*cellX, (touchedKeywordNumber/xNumber+1)*cellY );
		}
	}
	//////////paint
	public void paintComponent(Graphics g)
	{
		Graphics2D g2 = (Graphics2D)g;
		
		getPanelSize();	
		
		drawBackground(g2);		//background
		drawData(g2);
		
		drawTouched(g2);
	}

7)他の可視化モジュールと連動させるフォーカス連動処理を記述します

  • mouseMoved() メソッドを修正します
  • フォーカス情報のうち,メインキーワードにマウスで触ったキーワードをセットします
  • これにより,メインキーワードを利用している他の可視化モジュールで,同時にハイライトと処理が行われるようになります.
	public void mouseMoved(MouseEvent me)
	{
		mouseX = me.getX();
		mouseY = me.getY();
	
		touchedKeywordNumber = (mouseX/cellX) + (mouseY/cellY) * xNumber;
	
		if(touchedKeywordNumber != lastTouchedKeywordNumber)
		{
			text.focus.mainFocusKeyword = touchedKeywordNumber;
			repaintOthersByTouch();
			lastTouchedKeywordNumber = touchedKeywordNumber;
			repaint();
		}
	}

8)他の可視化モジュールからの連動を可能にする処理を記述します

  • displayOperations() メソッドを修正します
  • フォーカス情報として格納されている メインキーワードを,マウスで触ったキーワードとして取り扱います
  • マウスで触ったときに動作させるためには,case 4501 番に記述します
	public void displayOperations(int optionNumber)
	{
		switch(optionNumber)
		{
			case 0:
				repaint();
				break;
			case 4501:
				touchedKeywordNumber = text.focus.mainFocusKeyword;
				repaint();
				break;
		}		
	}

9)他の処理モジュールと連動させるフォーカス連動処理を記述します

  • マウスリスナーを追加します

クラスの定義を修正します

	public class AllKeywords extends VisualizationModule implements MouseMotionListener, MouseListener

初期化用のメソッドを用いて,マウスリスナーを追加します

	public void initializePanel()
	{
		addMouseMotionListener(this);	//MouseMotionListener
		addMouseListener(this);	//MouseListener		
	}

マウスリスナー用のメソッドをオーバーライドして,マウスをクリックしたときに連動する処理を記述します

	//MouseListener
	public void mousePressed(MouseEvent me){}	//Press
	public void mouseReleased(MouseEvent me){}	//Release
	public void mouseEntered(MouseEvent me){}	//Enter an area
	public void mouseExited(MouseEvent me){}	//Exit an area
	public void mouseClicked(MouseEvent me)	//Click
	{
		if(touchedKeywordNumber >= 0 && touchedKeywordNumber < text.keywordNumber)
			executeOthersByClick();			
	}
  • 処理モジュールの処理には時間がかかることがありますので,触ったときではなく,クリック時に連動させることが望ましいです.

10)コンパイルして動作を確認します

  • 5),6),7),8),9)のそれぞれの修正を終えた段階で,コンパイルして,動作を確認します
  • 5)で,キーワード一覧の表示,6)でマウスで触ったキーワードのハイライト,がなされることを確認します.
  • 7)の確認の方法
    • 他のパネルで,処理モジュール「マイニングなし」をセットした後,可視化モジュール「連動可視化」をセットします.
    • 「連動可視化」が表示されているパネル下部の「キーワード」の上の「メイン」をクリックします
    • 「全キーワード」モジュール内でキーワードを触ると,触ったキーワードが「連動可視化」内でも表示されます.
  • 8)の確認の方法
    • 他のパネルでも,処理モジュール「マイニングなし」をセットした後,可視化モジュール「全キーワード」をセットします.
    • どちらの「全キーワード」モジュール内のキーワードをマウスで触っても,両方の「全キーワード」内で同じキーワードがハイライトされます
  • 9)の確認の方法
    • 「環境設定」で,処理モジュールに「フォーカスチェック」を追加して,再び「環境設定」ボタンを押して戻ります
    • 他のパネルの上部で,処理モジュール「フォーカスチェック」(可視化モジュールは「Htmlテキスト」になる)を選択します(入力テキストが表示されます)
    • 「全キーワード」モジュール内で,キーワードを触った状態でクリックすると,「フォーカスチェック」モジュールが動作して,テキスト中の選択したキーワードがハイライトされます.

添付ファイル: fileAllKeywords.java 252件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-01-03 (木) 01:45:57 (2744d)