可視化ツール作成のためのVisualizationModuleクラス

  • 可視化ツールは,このクラスを継承して作成します.
  • 以下の仕様は,バージョン4.0時点のものです

VisualizationModuleクラス

入力データ

TextData text;テキストデータ.テキストデータクラスのインスタンス

コンストラクタ内に記述する変数とメソッド

void setModuleID(int moduleID)ツールのIDをセットする.開発者が値をセットする(必須)
int dataNumbers[11]可視化ツールが処理ツールから受け取る各データ型のデータ数.開発者が値をセットする(必須)要素は順に,boolean,int,double,String,boolean[],int[],double[],String[],boolean[][],int[][],double[][]の各型のデータ数を表す.
void setToolType(int type)ツールタイプが,1:シンプル,2:プリミティブ,3:セミプリミティブの時に指定する.(デフォルト値は,4:特殊)開発者が値をセットする

可視化ツール作成用:基本的な変数とメソッド

void initializePanel();GUI初期化用メソッド(自動実行メソッド3)開発者がオーバーライドして内容を記述する(必須)
void initializeData();初期化と前処理用メソッド(自動実行メソッド4)開発者がオーバーライドして内容を記述する(必須)
void displayOperations(int)マイニング処理結果の描画用メソッド(自動実行メソッド6)開発者がオーバーライドして内容を記述する(必須)

可視化用データチェック用メソッド

void resetData()処理ツールから受け取ったデータ数(可視化ツール内部でカウントしている変数の値)を0に初期化する
boolean checkDataNumbers()処理ツールから受け取ったデータ数が,配列 dataNumbers で指定したデータ数に達し,かつ以下の dataConstraint() が true で,可視化の条件が整ったかをチェックする.(true:整った,false:整っていない)
boolean dataConstraint()処理ツールから受け取った配列データの要素数が,可視化に必要な制約を満たしているかをチェックする.開発者がオーバライドして内容を記述する.(true:満たしている,false:満たしていない)

可視化処理アシスト用メソッド

boolean getPanelSize()以下の変数に,可視化ツール用のディスプレイ領域のサイズを代入する.ディスプレイ領域のサイズ変更の有無を返す.(true:サイズ変更あり,false:サイズ変更なし)
int sizeX, sizeY可視化ツールの現在のディスプレイサイズ
int oldSizeX, oldSizeY可視化ツールのサイズ変化前のディスプレイサイズ
double changeX, changeY可視化ツールのサイズ変化時の変化倍率
boolean isMenuInJapanese()メニュー表示が日本語か英語か.(true:日本語,false:英語)

データ受け取り用メソッド

boolean setData(int dataID, boolean)boolean型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, int)int型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, double)double型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, String)String型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, boolean[])boolean[]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, int[])int[]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, double[])double[]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, String[])String[]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, boolean[][])boolean[][]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, int[][])int[][]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)
boolean setData(int dataID, double[][])double[][]型のデータを,dataID 番のデータとして受け取る.開発者がオーバーライドして内容を記述する.(true:データ受け取り成功,false:失敗)

オプションによる処理連動:実行用メソッド

void executeOtherModuleFirst()自パネル以外にセットされている,指定IDの処理ツールの displayOperations(option)を実行する(この処理の後,同一IDの処理ツールに,引き続き処理連動を実施する場合に用いる)
void executeOtherModule()自パネル以外にセットされている,指定IDの処理ツールの displayOperations(option)を実行する

オプションによる可視化連動:実行用メソッド

void displayOtherModuleFirst()自パネル以外にセットされている,指定IDの可視化ツールの miningOperations(option)を実行する(この処理の後,同一IDの可視化ツールに,引き続き可視化連動を実施する場合に用いる)
void displayOtherModule()自パネル以外にセットされている,指定IDの可視化ツールの miningOperations(option)を実行する

フォーカス情報による可視化連動:実行用メソッド

void repaintOthersByFocus()自パネル以外の可視化ツールの,displayOperations(4500)を実行する.

フォーカス情報による処理連動:実行用メソッド

void executeOthersByFocus()自パネル以外の処理ツールの,miningOperations(4500)を実行する.
void executeAllByFocus()全パネルの処理ツールの,miningOperations(4500)を実行する.

フォーカスデータ設定用メソッド(変数)

  • フォーカスデータ生成用ローカル変数
    boolean focusKeywords[];各キーワードのフォーカスのon, off(添え字にはキーワード番号を用いる)
    boolean focusSentences[];各文のフォーカスのon, off(添え字には文番号を用いる)
    boolean focusSegments[];各セグメントのフォーカスのon, off(添え字にはセグメント番号を用いる)
  • フォーカスデータ初期化用メソッド
    void resetAllFocus()セグメント,文,キーワードに関するフォーカスデータをすべて初期化
    void resetMainSub()セグメント,文,キーワードのメイン,サブに関するフォーカスデータのみを初期化
  • セグメント,文,キーワードのフォーカスデータセット用メソッド
    • 可視化ツールでは,フォーカスデータの意味はすべて「可視化ツール上で選択した」となるため,引数が省略されています.
    • onlyをtrueにすると,mainとsubの他方の値を-1に初期化します
      void setFocusSegments()変数focusSegmentsのデータを,TextData.Focusクラスにコピー
      void setFocusSentences()変数focusSentencesのデータを,TextData.Focusクラスにコピー
      void setFocusKeywords()変数focusKeywordsのデータを,TextData.Focusクラスにコピー
      void setMainFocusKeyword(int value, boolean only)valueの値を,TextData.Focusクラスにコピー
      void setSubFocusKeyword(int value, boolean only)valueの値を,TextData.Focusクラスにコピー
      void setMainFocusSegment(int value, boolean only)valueの値を,TextData.Focusクラスにコピー
      void setSubFocusSegment(int value, boolean only)valueの値を,TextData.Focusクラスにコピー
      void setMainFocusSentence(int value, boolean only)valueの値を,TextData.Focusクラスにコピー
      void setSubFocusSentence(int value, boolean only)valueの値を,TextData.Focusクラスにコピー
  • 真理値,整数,実数,文字列のフォーカスデータセット用メソッド
    void setMainFocusBoolean(boolean value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setSubFocusBoolean(boolean value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setMainFocusInteger(int value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setSubFocusInteger(int value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setMainFocusDouble(double value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setSubFocusDouble(double value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setMainFocusString(String value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setSubFocusString(String value)valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusBooleanArray(boolean value[])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusIntegerArray(int value[])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusDoubleArray(double value[])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusStringArray(String value[])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusBooleanArray2(boolean value[][])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusIntegerArray2(int value[][])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
    void setFocusDoubleArray2(double value[][])valueの値を,Control.Focusクラスにコピー
  • フォーカスデータ取得用メソッド
    boolean[] getFocusKeywords()TextData.Focusクラスの値を取得
    boolean[] getFocusSegments()TextData.Focusクラスの値を取得
    boolean[] getFocusSentences()TextData.Focusクラスの値を取得
    int getMainFocusKeyword()TextData.Focusクラスの値を取得
    int getSubFocusKeyword()TextData.Focusクラスの値を取得
    int getMainFocusSegment()TextData.Focusクラスの値を取得
    int getSubFocusSegment()TextData.Focusクラスの値を取得
    int getMainFocusSentence()TextData.Focusクラスの値を取得
    int getSubFocusSentence()TextData.Focusクラスの値を取得
    boolean getMainFocusBoolean()Control.Focusクラスの値を取得
    boolean getSubFocusBoolean()Control.Focusクラスの値を取得
    int getMainFocusInteger()Control.Focusクラスの値を取得
    int getSubFocusInteger()Control.Focusクラスの値を取得
    double getMainFocusDouble()Control.Focusクラスの値を取得
    double getSubFocusDouble()Control.Focusクラスの値を取得
    String getMainFocusString()Control.Focusクラスの値を取得
    String getSubFocusString()Control.Focusクラスの値を取得
    boolean[] getFocusBooleanArray()Control.Focusクラスの値を取得
    int[] getFocusIntegerArray()Control.Focusクラスの値を取得
    double[] getFocusDoubleArray()Control.Focusクラスの値を取得
    String[] getFocusStringArray()Control.Focusクラスの値を取得
    boolean[][] getFocusBooleanArray2()Control.Focusクラスの値を取得
    int[][] getFocusIntegerArray2()Control.Focusクラスの値を取得
    double[][] getFocusDoubleArray2()Control.Focusクラスの値を取得

可視化ツール基本情報

String myModulePath;可視化ツールがあるフォルダへの絶対パス
String myModuleName;可視化ツールの名前
int getModuleID()可視化ツールのIDを取得する
int getPanelID()可視化ツールがセットされているパネルのID(左から順に0,1,2,...)を取得する

ファイル入出力用メソッド

String inJapanese[]ファイルからの文字列読み込み用変数.可視化ツールがあるフォルダ内のファイル「Japanese.txt」がinitializePanel()の実行前に自動的に読み込まれる
String fileRead()可視化ツールがあるフォルダ内のファイル「Japanese.txt」を読み込む
String fileRead(String)可視化ツールがあるフォルダ内のファイル「引数として与えられた文字列」を読み込む
String[] fileReadArray()可視化ツールがあるフォルダ内のファイル「Japanese.txt」を読み込む
String[] fileReadArray(String)可視化ツールがあるフォルダ内のファイル「引数として与えられた文字列」を読み込む
void fileWrite(String, String)第1引数として与えられたファイル名のファイルに,第2引数として与えられた文字列を書き込む
void fileWriteArray(String, String[], int)第1引数として与えられたファイル名のファイルに,第2引数として与えられた文字列を,第3引数の行数分だけ,書き込む

設定取得用メソッド

int getFontSize()ツールのフォントサイズを取得(デフォルト値は14)(Ver.3.50から)
String getSegmentTag()セグメントの区切りとなる文字列(デフォルトは「スナリバラフト」)を取得
String getSentenceTag()文の区切りとなる文字列(句点)を取得

操作ログ保存用メソッド

void writeActionLog(String)「システムが起動してからの時間(秒),Mining/Visualizationの区別,パネルID,ツールID,引数で与えられた文字列」のデータを,スペース区切りで一行として,TETDMの実行ファイルがあるフォルダ内に,ファイル「ACTIONLOG」に追加保存

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-13 (火) 10:39:52 (370d)