チュートリアルで試せる内容

1)作成する可視化ツールの仕様を決めます

  • 可視化ツール作成1のドット分布を二次元に拡張したものを作成します(異なる箇所は色付きで表示しています)
  • [ツール名] XYDistribution(XY分布)
  • [入力] double型配列2つ
  • [処理] double型配列で与えられる値を縦軸と横軸の座標として、値の分布をドット(小さい円)で表示する
  • [出力] 作成したドット分布を表示

2)SampleDisplay2.java を利用して,ツール作成の準備をします

  • tetdmのフォルダ内の,moduleフォルダ内のVisualizationModuleフォルダ内にある,SampleDisplay2フォルダを,フォルダごとコピーします
  • コピーしてできたフォルダの名前を,作成するツール名「XYDistribution」に変更します
  • コピーして作成したフォルダ内のファイル名を変更します
    • SampleDisplay2.java -> XYDistribution.java
    • SampleDisplay2.txt -> XYDistribution.txt (テキストファイルの中身も「XY分布」に変更します)
    • 必要に応じて,ツール完成後にREADME.txtを修正します

3)DotDistribution.java を編集し,プログラム作成の準備をします

  • プログラム中の SampleDisplay2 と書かれている箇所をすべて XYDistribution に変更します(コメント内を含め4カ所)
    • // XYDistribution.java Version 0.30
    • package module.VisualizationModules.XYDistribution;
    • public class XYDistribution extends VisualizationModule
    • public XYDistribution()

コンストラクタの記述の修正

  • ツールのIDを決め,コンストラクタ内のメソッド setModuleID の引数として与えます(今回は9912とします)
  • int型の配列,dataNumbersの値を初期化して,受け取るデータ型とその数を指定します.
    • 今回は,double 型の配列を2つ受け取ります.
	public BarGraph()
	{
		setModuleID(9912);	// Set your module ID after you have got it
		dataNumbers = new int[]{0,0,0,0,    // b,i,d,S
				0,0,2,0,    // bA,iA,dA,SA
				0,0,0};     // bA2,iA2,dA2
		setToolType(3);	
	}

4)一度コンパイルして,XYDistributionツールの動作を確認します

  • make または ant コマンドでコンパイルします
  • コンパイル後TETDMプログラムを起動して,いずれかのテキストを読み込みます
  • 楕円とテキストの一文目が表示されるのを確認して下さい(SampleDisplay2.java の処理)
    • もとのSampleDisplay2.javaがシンプルツールなので、任意の処理ツールとの組み合わせで表示されます

5)XY分布を表示するプログラムを作成します

ファイルからの日本語の読み込み(今回は不要)

  • もとからある下記変数とメソッドの内容は,インタフェース内に日本語を表示させたい場合は利用して下さい
  • String outputText;
  • initializePanel()
  • initializeData()
  • String inJapanese[]; (変数の定義はVisualizationModuleクラス内
    • フォルダ内に,Japanese.txtファイルを用意している場合,自動的に各行の内容が,initializePanel()の実行前に,inJapaneseに読み込まれます.

処理ツールからデータを受け取り,XY分布の表示に必要なデータを保存する変数を,グローバル領域で宣言します

	double valueX[];
	double valueY[];

initializeData() 内で変数の初期化を行います(オーバーライド)

  • XY分布の表示に必要なデータがない場合にエラーを出さないようにします
	public void initializeData()
	{
		valueX = new double[1];
		valueY = new double[1];
	}

displayOperations(int optionNumber) 内でデフォルト処理の設定を行います(オーバーライド)

  • XY分布の表示に必要なデータがない場合にエラーを出さないようにします
	switch(optionNumber)
	{
		case 0:
			if(valueX.length == valueY.length)
				repaint();
			break;
	}

処理ツールからデータを受け取るメソッド,setDataを作成します(オーバーライド)

  • switch,case文を用いて作成します
  • case文は0から作成します
  • データの受け取りに成功したらtrue,失敗したらfalseを返すboolean型としてメソッドを作成します
  • データを2つ受け取った際に再描画するように、repaint(); メソッドを呼び出します
    • 最初に受け取るデータがX軸,後に受け取るデータがY軸の値に対応します
    • XとYのデータ数が一致するときにのみデータを受け取るようにします
	public boolean setData(int dataID, double data[])
	{
		switch(dataID)
		{
			case 0:
				valueX = data;
				return true;
			
			case 1:
				valueY = data;
			
				if(valueX.length == valueY.length)
				{
					repaint();
					return true;
				}
				return false;
		}
		return false;		
	}

XY分布の表示プログラムを作成します

  • 画面のサイズに対して,上下左右に各20pixelの余白を設け,残りの領域にデータを最大限に大きく表示します
  • displayOperations メソッドの case 0: が自動的に実行されますので,そこから呼び出されるところに記述します
  • case 0:にrepaint(); を記述している場合は,paintComponent(Graphics g)から呼び出されるところに記述します
  • スーパークラス内の変数,sizeX, sizeYには,表示できるパネルの縦と横のサイズが,メソッドgetPanelSize()が呼び出されるたびに格納されますので,この値を利用してパネルサイズの変更に対応できるようにします
	double maxX,minX,maxY,minY;
	int width,height;
	//background
	public void drawBackground(Graphics2D g2)
	{
		g2.setColor(Color.black);
		g2.fillRect(0,0, sizeX, sizeY);
	}
	public void drawDistribution(Graphics2D g2)
	{
		width = sizeX - 40;
		height = sizeY - 40;
		
		maxX = minX = valueX[0];
		for(int i=1;i<valueX.length;i++)
		{
			if(valueX[i] > maxX)
				maxX = valueX[i];
			if(valueX[i] < minX)
				minX = valueX[i];
		}
		
		if(maxX == minX)
			return;
		
		maxY = minY = valueY[0];
		for(int i=1;i<valueY.length;i++)
		{
			if(valueY[i] > maxY)
				maxY = valueY[i];
			if(valueY[i] < minY)
				minY = valueY[i];
		}
		
		if(maxY == minY)
			return;
		
		g2.setColor(Color.yellow);        
		for(int i=0;i<valueX.length;i++)
			g2.fillOval((int)(20 + width * (maxX - valueX[i])/(maxX - minX)),
			sizeY - (int)(20 + height * (maxY - valueY[i])/(maxY - minY)), 10,10);
		}
	//////////paint
	public void paintComponent(Graphics g)
	{
		Graphics2D g2 = (Graphics2D)g;
		
		getPanelSize();	
		
		drawBackground(g2);		//background		
		drawDistribution(g2);
	}
	public void update(Graphics g)		//avoid from blinking
	{
		paintComponent(g);
	}

6)コンパイルして動作を確認します

  • 処理ツール「データ送信テスト」と組み合わせた場合,「データ数リセット」ボタンをOFFにした直後に,同じボタンを2つ,またはパネル下部中段のボタンを2つ押すと,押したボタンに対応するデータによるXY分布が表示されます
    • 送られる2つのデータの数が異なる場合,データの数が1つの場合は表示されません
    • 表示を切り替えるときは,「データ数リセット」ボタンを一度ONにして再度OFFにしてください
    • 送られてくるデータが double 型でない場合でも、データ型コンバートによりdouble型に変換されて表示されます
  • 統合環境のウインドウのサイズを変えても,パネル内の表示がサイズに応じて変更されることを確認します

添付ファイル: fileXYDistribution.java 259件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-13 (火) 10:31:03 (570d)