概要

  • 異なるパネルにセットされている可視化ツールの表示を変更します
  • ユーザが着目(フォーカス)しているデータを,他の可視化ツール上でも強調表示します
  • 連動要請の準備,実行ともに,処理ツールまたは可視化ツールで行います
  • 連動実行は,可視化ツールに記述します
  • バージョン4.0から方法が変更されています。

実装方法

FocusRepaint.png

  • バージョン3.50からTouch, Click, Timingが統一され、case 4500:を使用するように変更されています。

連動要請(処理または可視化ツール)

連動要請の準備:フォーカスデータの指定

  • 処理ツールまたは可視化ツール内で,データにフォーカスを与える記述を書きます
  • フォーカスを与えられるデータには,以下のものがあります.
  1. セグメント,文,キーワードの集合
  2. メインおよびサブの,セグメント,文,キーワード
  3. 真理値(boolean),整数(int),実数(double),文字列(String)の一次元配列,二次元配列
  4. メインおよびサブの,真理値,整数,実数,文字列

準備方法:セグメント,文,キーワードの集合の場合

  1. 必要に応じて,以下のメソッドを呼び出して,フォーカスデータを初期化します(処理または可視化ツール
    • resetAllFocus()
      • セグメント,文,キーワードに関するフォーカスデータのみが初期化されます.
  2. 以下のローカル変数(MiningModuleクラスまたはVisualizationModuleクラスで定義)に,フォーカスするデータの変数をtrueにセットします(処理または可視化ツール
    変数名説明
    boolean focusKeywords[];各キーワードのフォーカスのon, off(添え字にはキーワード番号を用いる)
    boolean focusSentences[];各文のフォーカスのon, off(添え字には文番号を用いる)
    boolean focusSegments[];各セグメントのフォーカスのon, off(添え字にはセグメント番号を用いる)
  3. ローカル変数の値を,他のパネルのツールからも参照できるところにコピーする以下のメソッドを呼び出します(処理または可視化ツール
    • 処理ツールの場合(引数に,フォーカスを当てたデータの意味を日本語および英語で記述します.""で省略もできます)
      • setFocusSegments(String japaneseCondition, String englishCondition)
      • setFocusSentences(String japaneseCondition, String englishCondition)
      • setFocusKeywords(String japaneseCondition, String englishCondition)
    • 可視化ツールの場合
      • setFocusSegments()
      • setFocusSentences()
      • setFocusKeywords()
  4. セットしていない他のフォーカスにも自動的に値がセットされます.
    • セグメントをセットした場合:フォーカスされたセグメントに含まれる文とキーワードにもフォーカスが当てられます
    • 文をセットした場合:フォーカスされた文を含むセグメントと,フォーカスされた文に含まれるキーワードにもフォーカスが当てられます
    • キーワードをセットした場合:フォーカスされたキーワードを含む文とセグメントにもフォーカスが当てられます
    • メインとサブのセグメント,文,キーワードは初期化されます
  5. 連動要請処理をするメソッドを呼び出します(処理または可視化ツール
  • repaintOthersByFocus()
    • 可視化ツールで displayOperations()のcase 4500: を実行 します

準備方法:メインおよびサブの,セグメント,文,キーワードの場合

  1. 必要に応じて,以下のメソッドを呼び出して,フォーカスデータを初期化します(処理または可視化ツール
    • resetMainSub()
      • セグメント,文,キーワードのメイン,サブに関するフォーカスデータのみが初期化されます.
  2. 以下のメソッドを利用して,フォーカスするデータの変数をセットします(処理または可視化ツール
    • valueに,フォーカスする,セグメント,文,またはキーワードの番号(フォーカスなしは-1)をセットします
    • onlyがtrueの場合,セットしたmainまたはsubの他方を-1に初期化します
    • 処理ツールの場合(引数に,フォーカスを当てたデータの意味を日本語および英語で記述します.""で省略もできます)
      • setMainFocusKeyword(int value, String japaneseCondition, String englishCondition, boolean only)
      • setSubFocusKeyword(int value, String japaneseCondition, String englishCondition, boolean only)
      • setMainFocusSegment(int value, String japaneseCondition, String englishCondition, boolean only)
      • setSubFocusSegment(int value, String japaneseCondition, String englishCondition, boolean only)
      • setMainFocusSentence(int value, String japaneseCondition, String englishCondition, boolean only)
      • setSubFocusSentence(int value, String japaneseCondition, String englishCondition, boolean only)
    • 可視化ツールの場合
      • setMainFocusKeyword(int value, boolean only)
      • setSubFocusKeyword(int value, boolean only)
      • setMainFocusSegment(int value, boolean only)
      • setSubFocusSegment(int value, boolean only)
      • setMainFocusSentence(int value, boolean only)
      • setSubFocusSentence(int value, boolean only)
  3. セットしていない他のフォーカスにも自動的に値がセットされます.
    • セグメント,文,キーワードの集合のフォーカス用変数で,メインまたはサブがセットされた番号の値がtrueにセットされます.
    • セグメント,文,キーワードの集合の場合に準じて,他の集合のフォーカスもセットされます.
  4. 連動要請処理をするメソッドを呼び出します(処理または可視化ツール
  • repaintOthersByFocus()
    • 可視化ツールで displayOperations()のcase 4500: を実行 します

準備方法:真理値,整数,実数,文字列の場合

  1. 以下のメソッドを利用して,フォーカスするデータの変数をセットします(処理または可視化ツール
    • setMainFocusBoolean(boolean value)
    • setSubFocusBoolean(boolean value)
    • setMainFocusInteger(int value)
    • void setSubFocusInteger(int value)
    • setMainFocusDouble(double value)
    • setSubFocusDouble(double value)
    • setMainFocusString(String value)
    • setSubFocusString(String value)
    • setFocusBooleanArray(boolean values[])
    • setFocusIntegerArray(int values[])
    • setFocusDoubleArray(double values[])
    • setFocusStringArray(String values[])
    • setFocusBooleanArray2(boolean values[][])
    • setFocusIntegerArray2(int values[][])
    • setFocusDoubleArray2(double values[][])
  2. 連動要請処理をするメソッドを呼び出します(処理または可視化ツール
  • repaintOthersByFocus()
    • 可視化ツールで displayOperations()のcase 4500: を実行 します

連動実行(可視化ツール)

  • 可視化ツール内で,フォーカスされているデータを強調して表示する記述を,displayOperations()のcase 4500: から呼び出されるところに書きます
    • フォーカスされているデータの取得には,以下のメソッドを使います.
      • boolean[] getFocusKeywords()
      • boolean[] getFocusSegments()
      • boolean[] getFocusSentences()
      • int getMainFocusKeyword()
      • int getSubFocusKeyword()
      • int getMainFocusSegment()
      • int getSubFocusSegment()
      • int getMainFocusSentence()
      • int getSubFocusSentence()
      • boolean getMainFocusBoolean()
      • boolean getSubFocusBoolean()
      • int getMainFocusInteger()
      • int getSubFocusInteger()
      • double getMainFocusDouble()
      • double getSubFocusDouble()
      • String getMainFocusString()
      • String getSubFocusString()
      • boolean[] getFocusBooleanArray()
      • int[] getFocusIntegerArray()
      • double[] getFocusDoubleArray()
      • String[] getFocusStringArray()
      • boolean[][] getFocusBooleanArray2()
      • int[][] getFocusIntegerArray2()
      • double[][] getFocusDoubleArray2()

フォーカス情報による可視化連動の処理フロー

FocusFramework.png

  • バージョン4.00から、着目情報をセットする変数が変更されています。
  • バージョン3.50から、Touch, Click, Timingが、以下に統一されています。
    • repaintOthersByFocus()

添付ファイル: fileFocusRepaint.png 33件 [詳細] fileFocusFramework.png 34件 [詳細] filefocus_stream.png 382件 [詳細] filedisplink.png 358件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-26 (月) 10:29:33 (179d)