*R言語とは [#c795674f]
-オープンソース,フリーソフトウェアの,統計解析向けのプログラミング言語です.
-TETDM(Ver.3.50以降)では,これを利用した処理を呼び出して連携させ,平均,分散などの基本統計量の表示,相関行列の表示,相関ルールの表示を行うことができます.
--その他,TETDMの処理ツールを作成すれば,Rの任意のパッケージを利用することができます.

*準備 [#w79580a4]
-Rのインストール手順(準備1,準備2)については,以下のマニュアルを参考に準備してください.
--&ref{WINDOWS用Rインストール.pdf};
---&color(red){(注)環境によっては、4.のrJavaの環境設定で、jriフォルダや64bitOSでも32bit用のフォルダにパスを通す必要があるようです。};
--&ref{MAC用Rインストール.pdf};
---&color(red){MAC版でバージョン3.4.4のRはインストールが難しくなります.バージョン3.4.0のRを利用してください。};
*準備1:Rのインストール [#f6f1e60f]
-PCにRをインストールします。
--ソフトウェアのインストール後,以下のライブラリ(パッケージ)を追加でインストールしてください。
---&color(blue){''rJava''};
---&color(blue){''arules''};
*準備2:TETDMフォルダにR用ライブラリを追加 [#fc660f72]
-添付ファイル等の手順を参考に、以下をTETDMフォルダにおいてください。
--&color(red){''orgフォルダ''}; : JRI.jarファイルを展開してできるフォルダ
--&color(red){''libjri.jnilib''}; : &color(blue){''MAC版のみ''};。インストールしたRと同じバージョン用のファイルである必要があります。
*準備3:R利用ツールのTETDMツールフォルダへのコピー [#se721270]
-Rを利用するツールのフォルダを、TETDMフォルダ内の、moduleフォルダ内の、MiningModules内においてください。
--以下の処理ツールをダウンロード後,圧縮ファイルを展開してできるフォルダを,MiningModules内においてください。
--&ref{RApplication.zip}; (数値とテキストの両方を分析するツールをセットするためのツールです)
--&ref{DataMining.zip}; (数値データに対して統計処理を行います.現在,''基本統計量'',''相関行列'',''相関ルール''を実装しています)
--&ref{RDataminingTableprocessing.zip}; (統計処理の結果を表示するためのツールです) ''&color(red){(2018/4/10更新)};''
--&ref{RApplication.zip}; (数値とテキストの両方を分析するツールをセットするためのツールです)''&color(red){(2018/12/10更新)};''
--&ref{DataMining.zip}; (数値データに対して統計処理を行います.現在,''基本統計量'',''相関行列'',''相関ルール''を実装しています)''&color(red){(2018/12/10更新)};''
--&ref{RDataminingTableprocessing.zip}; (統計処理の結果を表示するためのツールです) ''&color(red){(2018/12/10更新)};''
---&color(red){準備1と準備2が終わっていない状態で,上記のフォルダをおくと、TETDMが起動しなかったり、ツールのセット時にエラーで操作不能になります。};
*テキストデータと数値データの入力 [#x8ef4cc3]
+入力として与えるテキストファイルと,それに対応する数値データファイルを拡張子をcsvとして,同じフォルダ内に用意します.
--例えば,テキストファイル urashima.txt に対して,数値データファイル urashima.csv を用意します.''(TETDMのtextフォルダ内にも,サンプルを用意しています)''
---&ref{urashima.txt};:4段落構成(スナリバラフトは3つ)
---&ref{urashima.csv};:5行のcsvファイル(1行の項目名と4行の各段落に対応する数値データ)
--csvファイルの形式は,以下の形式となっている必要があります.
---一行目は,数値データの項目名が並ぶ
---二行目以降は,各項目に対する数値データが,テキストデータのセグメント数(スナリバラフトの数+1)に一致する行数並んでいる.
---一列目は,データの名称が入ることを想定しています.文字列も使用できます.計算処理の対象外となります.
+TETDMを&color(red){''jarファイルのダブルクリックではなく,ターミナル経由による下記いずれかの方法で起動する.''};
--Windowsであれば,TETDM.batファイルのダブルクリック
--Macであれば,TETDM.commandファイルのダブルクリック
--ターミナルからコマンド入力による起動
---ターミナルを経由しないと,設定したRのパスの情報が反映されないため
+コマンドラインで入力テキスト(urashima.txt)を与えて起動,またはTETDMの起動後にメニュー「ファイル」から入力テキスト(urashima.txt)を指定して与える.
+処理ツール「数値データマイニング」をセットした時に,自動的に数値データ(urashima.csv)が読み込まれます.
--あるcsvファイルを読み込ませた後に、別のcsvファイルを読み込ませることはできません。異なるcsvファイルを読み込ませたい場合は、一度TETDMを終了させてください。
*ツールのセット [#jfa521ac]
+TETDMの「モード」を拡張モードにします.
+処理ツール「R連動アプリケーション」,可視化ツール「テキスト表示(HTML)」をパネルにセットします.
+処理ツール「R連動アプリケーション」内のボタンを押してツールをセットします.


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS