チュートリアルで試せる内容

1)作成する処理ツールの仕様を確認して下さい

  • [ツール名] ControlTest(操作テスト)
  • [入力] なし
  • [処理] 他パネル内のツール操作
    • 処理ツール「プログラムチェック」のボタン操作
    • 可視化ツール「テキスト」のフォントサイズ変更
  • [出力] なし
  • [GUI] ボタンにより他パネル内のツールを操作

2)雛形のSample2.java を利用して,ツール作成の準備をします

  • tetdmのフォルダ内の,moduleフォルダ内のMiningModuleフォルダ内にある,Sample2フォルダを,フォルダごとコピーします
  • コピーしてできたフォルダの名前を,作成するツール名「ControlTest」に変更します
  • コピーして作成したフォルダ内のファイル名を変更します
    • Sample2.java -> ControlTest.java
    • Sample2.txt -> ControlTest.txt (テキストファイルの中身も「操作テスト」に変更します)
    • 必要に応じて,ツール完成後にREADME.txtを修正します
  • 作成するボタンの日本語として,ファイル Japanese.txt 内に,下記を8行に分けて書き,保存します
	ソース
	コンストラクタ
	グローバル
	基本メソッド
	チェック
	README
	フォント+
	フォントー
  • 変数 String inJapanese[]は,MiningModuleクラスで宣言されており,initializaPanel()の実行前に,Japanese.txtの各行が自動的に読み込まれます.

3)ControlTest.java を編集し,プログラム作成の準備をします

  • プログラム中の Sample2 と書かれている箇所をすべて ControlTest に変更します(コメント内を含め5カ所)
    • // ControlTest.java Version 0.30
    • package module.MiningModules.ControlTest;
    • public class ControlTest extends MiningModule
    • public ControlTest()
    • System.out.println("writing ERROR in ControlTest");(この部分は後で利用しません)

コンストラクタの記述の修正

  • ツールのIDを決め,コンストラクタ内のメソッド setModuleID の引数として与えます
  • 配列 pairingVisualizationID を初期化して,ペアとなる可視化インタフェースツールのIDを指定します.
	public ControlTest()
	{
		setModuleID(9915);	// Set your module ID after you have got it
		pairingVisualizationID = new int[]{1};
		setToolType(2);
	}

4)一度コンパイルして,ControlTestツールの動作を確認します

  • make または ant コマンドでコンパイルします
  • コンパイル後TETDMプログラムを起動して,いずれかのテキストを読み込みます
  • パネル上部の処理ツールを選ぶメニューの中から「操作テスト」を選択し,パネル下部のボタンを押して動作を確認します
    • (「操作テスト」が表示されない場合,右下の環境設定の「ツール設定」ボタンを押し,ピンクの処理ツール一覧に「操作テスト」があることを確認し,チェックボタンをチェックして,「チェックしたツールをメニューに追加」ボタンを押した後,「設定終了」ボタンを押して戻ると,メニューに現れます)
  • 入力テキストが,単語間にスペースが入った状態で表示されていることを確認します(Sample2.java の処理)

5)ボタンの初期化をします

コンストラクタの前の,クラス内グローバル領域での変数の宣言

	int buttonNumber;

自動実行メソッド initializePanel() の作成(オーバーライド)

  • ボタン用の変数 JButton button[]は,あらかじめMiningModuleクラスで宣言されています.
	public void initializePanel()
	{
		buttonNumber = 8;
		button = new JButton[buttonNumber];
			
		for(int i=0;i<buttonNumber;i++)
		{
			button[i] = new JButton();
			button[i].addActionListener(this);
			operationPanel.add(button[i]);
		}
	}

自動実行メソッド initializeData() の作成(オーバーライド)

	public void initializeData()
	{
		String buttonNames[] = {"Source","Constructor","Global","Basic","Check","Readme","Font+","Font-"};
		
		if(isMenuInJapanese())
			for(int i=0;i<buttonNumber;i++)
				button[i].setText(inJapanese[i]);
		else
			for(int i=0;i<buttonNumber;i++)
				button[i].setText(buttonNames[i]);	
	}

6)コピー元の関数を修正します

MyMethod() メソッドを削除します

  • 今回は,ツールとしての処理はありません.

miningOperations()の記述を修正します

  • デフォルトで,入力テキストを表示するようにします(ペアとなるツールは「テキスト」(TextDisplay)).
	public void miningOperations(int optionNumber)
	{
		switch(optionNumber)
		{
			case 0:
				resetData();
				setDataString(text.originalText);			
				break;
		}
	}

7)ボタンが押されたときの動作を記述します.

actionPerformed(ActionEvent e)メソッドに記述します

	public void actionPerformed(ActionEvent e)
	{
		if(e.getSource() == button[0])
		{
			executeOtherModule(99999,0);
			displayOtherModule(1,0);			
		}
		if(e.getSource() == button[1])
		{
			executeOtherModule(99999,1);
			displayOtherModule(1,0);			
		}
		if(e.getSource() == button[2])
		{
			executeOtherModule(99999,2);
			displayOtherModule(1,0);
		}
		if(e.getSource() == button[3])
		{
			executeOtherModule(99999,3);
			displayOtherModule(1,0);			
		}
		if(e.getSource() == button[4])
		{
			executeOtherModule(99999,4);
			displayOtherModule(1,0);			
		}
		if(e.getSource() == button[5])
		{
			executeOtherModule(99999,5);
			displayOtherModule(1,0);			
		}
		if(e.getSource() == button[6])
		{
			displayOtherModule(1,10);
		}
		if(e.getSource() == button[7])
		{
			displayOtherModule(1,9);
		}
	}
  • ボタン0から5で,「プログラムチェック」ツール(ID:99999)の miningOperations メソッドの case 0 から case 5 の処理を実行させます.
    • 処理結果は可視化ツールには自動的に反映されませんので,ペアとなっている「テキスト」ツール(ID:1)の displayOperations メソッドの case 0を続けて実行します.
      • 「プログラムチェック」ツールにおいて,miningOperations メソッドを拡張し,ペアとなる可視化ツールの表示を更新する case 文を新たに作成して,それを実行する方法もあります.
  • ボタン6と7で,「プログラムチェック」ツール(ID:1)の displayOperations メソッドの case 10 と case 9を実行します.

7)コンパイルして動作を確認します

  • 統合環境起動後,いずれかのパネルに「プログラムチェック」ツールをセット,また別のパネル内に「操作テスト」ツールをセットします.
  • 「操作テスト」ツール内のボタンを押すことにより,「プログラムチェック」ツールが動作することを確認します.

添付ファイル: fileControlTest.java 3件 [詳細] fileJapanese.txt 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-21 (水) 11:51:55 (55d)