GUIを作成しない簡易版の作り方は以下のリンク先へ

マイニング処理ツール

マイニング処理ツール作成の概要

  • マイニング処理ツール作成用の、マイニングモジュールクラス(MiningModule)を継承(extends)してクラスを作成します。
  • 出力データを作成するための処理は,miningOperations() メソッドの中から、呼び出される形で記述します。(オーバーライド
  • パネルを作成するときに必要な初期化処理は、initializePanel() メソッドの中に記述します。オーバーライド
    • パネルが(再)構築されたときに呼び出されます。
  • 出力データの作成に必要な(データの再生成時に必要な)初期化処理は、initializeData() メソッドの中に記述します。オーバーライド
    • 入力テキストの再読み込みがあった場合など、データ再生成の命令があったときに呼び出されます。
  • 処理結果は、setData***() メソッドを利用して、可視化インタフェースツールに渡します。
    • ***の部分には渡すデータの型を表す文字列が入ります。
    • setData***() メソッドが呼び出された瞬間に、可視化インタフェースツール内の setData()メソッドが呼び出されます。
    • setData***() メソッドは、miningOperations() メソッドの中で、出力データを作成する処理が終わった後に記述します。

マイニング処理ツールの構成

miningconst2.png

初期化時の処理の流れ

initmining2.png

データ更新時(「再読込+実行」「再実行」「再処理を実行」)の処理の流れ

retry.png

データ送信の流れ

dataio.png

サンプルプログラム

fileSample2.java :入力テキストの単語間にスペースを入れた文字列を生成(ボタンを押すと実行)

作成の準備

  • module/MiningModules フォルダ内に,自分が作成するツール(クラス)名のフォルダ(たとえばMyModule)を作成します.
    • モジュール名に使用できるのは,アルファベットか数字のみで,一文字目は大文字にする必要があります.
  • 作成したフォルダ内に,ソースファイル MyModule.java を用意します.
  • MiningModule クラスのサブクラスとして実装します.
  • ボタンが押されたときの処理を追加するため ActionListener を追加します.
       例)  class MyModule extends MiningModule implements ActionListener

コンストラクタの作成

  • setModuleIDメソッドにより,ツールIDを与えます.(公開用に取得したID,または他のツールとかぶらないID)
       例)  setModuleID(4723);
  • 配列 pairingVisualizationID を初期化して,ペアとなる可視化インタフェースツールのIDを1つ以上指定します.
       例)  pairingVisualizationID = new int[]{1};
  • ツールタイプが,1:シンプル,2:プリミティブ,3:セミプリミティブ,に該当するときは,setToolType(int) メソッドにより,該当するタイプ番号をセットして下さい.
       例)  setToolType(2);

変数の宣言

  • クラス内のグローバル変数を宣言して下さい.
  • 宣言した変数の初期化とインスタンス化は,必ずいずれかのメソッド内で行って下さい.

入力

自動実行メソッドの実装

[1.GUI初期化] void initializePanel(){}

  • Swing を利用して作成したGUIコンポーネントを,マイニングモジュールクラス内で定義されている JPanel 型のインスタンス operationPanel に add して下さい.

[2.初期化と前処理] void initializeData(){}

  • 処理ツール内の変数の初期化,マイニングの前処理を記述して下さい.
  • GUIコンポーネントのうち,入力データに依存するものの初期化は,こちらに記述してください.

[5.マイニング処理と結果の出力] void miningOperations(int optionNumber){} (実装必須)

  • 全体をswitch(optionNumber) case 文により記述した上で,case 0: の箇所に以下を記述してください.
    • マイニング処理の結果を生成する処理
    • 処理結果を可視化ツールに送る setData*** メソッド

出力

dataID について

  • 出力は,まず,dataID (可視化ツールがデータ受け取る際のID番号.可視化ツール内でデータ型ごとにカウント)の値を0にリセットする、下記のメソッドを呼び出してください。
   void resetData();
  • setData*** メソッドにより可視化ツールがデータの受け取りに成功するごとに、可視化ツール内の,そのデータ型の dataID は 1 ずつ増加します
  • dataIDの値は、ペアとする可視化ツールごとに、0から1ずつ増加していきます。

setData*** メソッド

  • 出力データの型に対応する setData*** メソッド(マイニングモジュールクラス内で定義)の引数に,生成したデータを与えて呼び出すことで、データを出力してください.
   void setDataBoolean(boolean data);
   void setDataInteger(int data);
   void setDataDouble(double data);
   void setDataString(String data);
   void setDataBooleanArray(boolean data[]);
   void setDataIntegerArray(int data[]);
   void setDataDoubleArray(double data[]);
   void setDataStringArray(String data[]);
   void setDataBooleanArray2(boolean data[][]);
   void setDataIntegerArray2(int data[][]);
   void setDataDoubleArray2(double data[][]);
  • 上記のメソッドを1つだけ用いる場合,プリミティブツール(参考:ツールタイプとなります.
  • 特定の dataID のデータとして可視化ツールにデータを送りたい場合,上記メソッドの使用回数を把握して数を合わせるか,下記のメソッドにより直接 dataID を指定してデータを送ってください.
   void setDataBoolean(int dataID, boolean data);
   void setDataInteger(int dataID, int data);
   void setDataDouble(int dataID, double data);
   void setDataString(int dataID, String data);
   void setDataBooleanArray(int dataID, boolean data[]);
   void setDataIntegerArray(int dataID, int data[]);
   void setDataDoubleArray(int dataID, double data[]);
   void setDataStringArray(int dataID, String data[]);
   void setDataBooleanArray2(int dataID, boolean data[][]);
   void setDataIntegerArray2(int dataID, int data[][]);
   void setDataDoubleArray2(int dataID, double data[][]);
  • dataID を指定するメソッドを利用した場合,データ型コンバートは行われません.(プリミティブ、セミプリミティブツール(参考:ツールタイプ)の認定対象外となります)

GUI操作時の処理の実装

  • GUIのアクションを制御するメソッド actionPerformed をオーバーライドして実装してください
       public void actionPerformed(ActionEvent e);
  • GUIの操作時には,下記の処理を実行することが想定されます.
    • マイニング処理と結果の出力: miningOperations(optionNumber) メソッドを,特定の引数を与えて呼び出す.
      • 呼ばれた先の miningOperations メソッドでは,対応する optionNumbercase 文を増やして,マイニング処理の実行と,結果を出力する setData*** メソッドの呼び出しを行って下さい.
    • 可視化ツールの操作: 組み合わせて使用する可視化ツールの displayOperations(optionNumber) メソッドを,特定の引数を与えて呼び出す

コンパイル

  • 統合環境の tetdm フォルダ内で make または ant でコンパイルしてください.(自動的に統合環境に組み込まれます)
    • makeまたはantコマンドが無い場合は,コマンドをインストールしてください.
    • Windowsのコマンドプロンプトでは,Makefileに記述されているjavacコマンド内のワイルドカード*が使用できないことがあります.
      • その場合,antコマンドを使用できるようにしていただくか,cygwinなどのターミナルソフトのインストールが必要です.
    • antコマンドでコンパイルを行った場合,各フォルダ内にclassファイルは作成されませんが動作には問題ありません.

マイニング処理ツール作成用ツールキット

  • 処理ツール作成用ソース fileMiningToolKit.zip
  • MiningToolKit.java
  • MiningToolKit.txt
  • Japanese.txt
  • README.txt
    • 3つのボタンを用意し、ボタン名を日本語と英語で切り替え可能
      • 日本語と英語の切り替えは,「キーワード設定」最下部の「メニューを日本語にする」のチェックで行えます.
    • 各ボタンが押されると、テキストの一部をもとに作成したString型データを可視化ツールに送ります
    • プリミティブツール(ツールタイプ

添付ファイル: filedataio.png 400件 [詳細] fileMiningToolKit.zip 497件 [詳細] fileSample2.java 577件 [詳細] fileminingconst2.png 584件 [詳細] fileinitmining2.png 585件 [詳細] fileretry.png 554件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-08 (木) 10:05:50 (593d)